会社概要

会社名
ダットジャパン株式会社
創立年月日
昭和58年6月6日 有限会社ダット創立
設立年月日
昭和61年4月2日 ダットジャパン株式会社設立
資本金
6,000万円
所在地
各事業部の所在地は、下記所在地一覧をご覧ください
事業内容
下記の各事業部情報ページをご覧ください
役員
役員
社員
  • ビジネスソリューション事業部 27名
  • CSソリューション事業部 67名
  • 管理部 3名
  • スタッフ計 97名(平成29年4月末現在)
決算期
毎年3月末日(年1回)
取引銀行
  • 北洋銀行 札幌駅南口支店
  • 商工中金 札幌支店
  • 三菱東京UFJ銀行 札幌中央支店
  • 北海道銀行 札幌駅前支店
主要取引先
下記の各事業部情報ページをご覧ください

▲ページトップへ

各事業所在地

ビジネスソリューション事業部
本社(2016.7.1登記移転)
〒060-0002
札幌市中央区北2条西2丁目34
ダイアビル札幌10F
TEL: 011-207-6211
FAX: 011-207-6222

ビジネスソリューション事業部時計台前office外観


より大きな地図で ダットジャパン株式会社 を表示
CSソリューション事業部岩見沢センター 〒068-0034
北海道岩見沢市有明町南1番地12
ITビジネスセンター4F
※お電話はCSソリューション事業部札幌センターまでお願いいたします。

CSソリューション事業部外観


より大きな地図で CSソリューション事業部岩見沢センター を表示
CSソリューション事業部札幌センター 〒001-0032
札幌市北区北32条西10丁目1-7 ダットビル
TEL: 011-330-3500
FAX: 011-716-5350

本社外観


より大きな地図で ダットジャパン株式会社 を表示
東京オフィス 〒101-0041
東京都千代田区神田須田町2-23-1
天翔秋葉原万世橋ビル 13階 1301号室

-
-


より大きな地図で ダットジャパン東京オフィス を表示

▲ページトップへ

ダットジャパン株式会社_会社沿革

昭和58年(1983年)

有限会社ダット創立
パソコン通信倶楽部「THE NET」を開発
各種データベースアプリケーションの開発を行う

昭和61年(1986年)

ダットジャパン株式会社設立

昭和62年(1987年)

初の自社ブランド「隼(HAYABUSA)」を発売
累計5,000本以上の売上をあげる日本ソフトバンク調べで2年間上位10位内のランキング入り

昭和63年(1988年)

「1-2-3CARD」を発表

平成元年(1989年)

初のCD-ROMタイトル「HYPER DX」(アマチュア無線トータル管理システム)を発表
電脳ソフト夢募集オープン部門優秀賞受賞

平成2年(1990年)

マルチメディア天文シュミレーションソフト「HYPER PLANET」を発売
1990年度国際映像グランプリ(現在のMMグランプリ)で通産大臣賞、
及びCD-ROM部門グランプリ受賞

平成5年(1993年)

当社初の Windows 向けマルチメディアソフト「HYPER PLANET for Windows」を発売

平成7年(1995年)

「The Silk Road」を発売、下記の賞を受賞
1996年度米国 Wired Magazine と City TV主催による
International Digital Media Awardsの3部門でグランプリ受賞(カナダ)
マクロメディア社主催コンファレンス大賞受賞(アメリカ)

平成8年(1996年)

セガサターン用ゲーム「バーチャルカジノ」発売

北海道より「中小企業創造法」の認定を受ける

 「HYPER PLANET II」を発売

 「想いでオルゴール」が1996年度『ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー '96』を受賞

平成9年(1997年)

コールセンターアウトソーサー業務開始

 「HYPER PLANET III」を発売

平成10年(1998年)

富士通FMVシリーズのバンドルソフトとして「ゲームパックスペシャル」採用

データクラフト、ソフトフロント、テクノバ、アジェンダと
技術の相互提供・販売網の共有などを目的に「クールビレッジ」結成

「現場編集長Ver.2.0」発売
コールセンター、取り扱い商品の多様化につき拡張

セガサターン用ゲーム「斬魔超奥義ヴァルハリアン」発売

東京エレクトロンデバイス社からの依頼により、
任天堂N64用画像編集ツール「マリオのふぉとぴー」開発

平成11年(1999年)

富士通FMVシリーズのバンドルソフトとして「ゲームパック2000」採用
以降毎年改良や新作追加を続け、毎年新バージョンにて採用更新中

ネットワーク対応現場編集長の開発と「現場編集長Ver.3.0」の発売

音声認識を利用した英語教材を複数開発(委託業務)

平成12年(2000年)

群馬県専用「公共工事写真管理システム」OEM提供発売

平成14年(2002年)

茨城県専用「らくらくアルバム」OEM提供

札幌市ロボットプロジェクトに参加

携帯電話初の天体シミュレーションアプリ「HYPERPLANET-J」
(ソフトバンクモバイル公式サイト)スタート※提供は株式会社サクセス

「ゴルフやり隊」(iモード公式サイト松下電気産業と共同)スタート

「現場編集長Ver.5.0」発売

NEC FOMA N2701のバンドルアプリとして天体シミュレーションアプリ「Petit Planet」提供

平成15年(2003年)

「テニスやり隊」(iモード公式サイト松下電気産業と共同)スタート

札幌市ロボットプロジェクト「ロボネットフェーズ2」(iモード等を利用したモバイル技術の導入)完了

IPツール「OSAURIS(オサリス)」発売

全国建設産業団体連合会へ「現場編集長/EX」OEM提供

富士通FMVシリーズバンドルソフト「ゲームパック2003F」に
新作ゲームとして「ラミィの大冒険2」新登場

平成16年(2004年)

「THEやる雀」「ゴルフやり隊」「テニスやり隊」にて、高精細画面を搭載した
900iシリーズ対応アプリの提供開始

群馬県専用「公共工事電子納品統合システムVer.2.0」発売

「現場編集長PROVer.6.0」発売

平成17年(2005年)

群馬県専用「公共工事電子納品統合システムVer.3.0」発売

茨城県専用「らくらく電子納品Ver.3.0」発売

北海道総合通信網株式会社 HOTnetとのアプリケーションサービス分野で業務提携

平成18年(2006年)

「現場編集長 CALSMASTER2006」販売

「CSソリューショングループ」オフィス拡大移転に伴い「CSソリューション事業部」と名称変更

平成19年(2007年)

「ゴルフやり隊」にて「ゴルフやり隊3D」の提供開始

神奈川県藤沢市に「コミュニケーションエディター」システム提供

コマンドセンター開設

平成20年(2008年)

清水建設(株)と「現場編集長」コーポレート契約締結

三沢アウトバンドセンター開設

Microsoft Windows Vista OEM Ready Programロゴ取得

平成21年(2009年)

コールセンター・クライアント向け「コミュニティ・エディター」提供開始

「三沢アウトバンドセンター」を業務移管により「三沢コールセンター」に名称変更

プライバシーマーク取得 認定番号:第26000043(01)号

i-mode公式サイト『ゲームパックMOB!』スタート、高速オンライン対戦アプリサービス開始

弊社開発システム「エントリー・エディター」による入力代行業務開始

札幌コールセンターを2拠点体制に拡大

平成22年(2010年)

Voice Log System「PCRS」サービス提供開始

「現場編集長 PHOTOMASTER」販売

平成23年(2011年)

「現場編集長CALSMASTER」のオプション、コンクリート品質管理・温度管理ツール(北海道版)販売

東京支店開設

群馬県向け工程管理「グレス工程支援システム」のサービス開始

平成24年(2012年)

観光案内用通訳ナビゲータソフトBONOBO(ボノボ)を2月中旬に発売開始

群馬県向け工程管理 グレス工程管理支援システムについて群馬県から県内にガイドラインを通知

「現場編集長CALSMASTER2012」販売

平成25年(2013年)

PHOTOMASTER Plusを販売いたしました。

野球スコアブック「ばちこい」をリリースいたしました。

VMware ソリューション プロバイダ プロフェッショナルを取得しました。

平成26年(2014年)

工事写真撮影アプリ「現場DEカメラ(無償版)」リリース

平成27年(2015年)

汎用写真管理システム「SK-1 Plus」発売開始

写真の改ざん検知モジュール、チェックソフト開発を受託

橋梁点検システム開発を受託

平成28年(2016年)

電子小黒板アプリ「現場DEカメラPRO」発売開始

配筋検査システム開発を受託

ゼネコン向け電子小黒板モジュール開発を受託及び提供

ドローン搭載用写真計測システム開発を受託

CIM3次元モデリングデータ作成サービス開始

平成29年(2017年)

NEDOの「エネルギー・環境新技術先導プログラム(平成29年度)」公募に申請し採択。
申請テーマは、「ロボット撮影による高解像度再現可能な三次元モデルと社会実装具体化の研究開発」。

▲ページトップへ